黒豆おかきのうす塩味ブログ

元ニコ動実況者(断じて有名でない)が、社会人になってブログ。グッズレビュー、アート、映画書評を書いてます。

【ポケモン Let's Go! ピカチュウ】 思い出を語りながらストーリー攻略: ④おつきみやま〜ハナダシティ

<<③ニビシティ〜ニビジム(+かつてのトラウマ)

>>⑤: クチバシティ~サントアンヌ号

 

<ピカブイ ストーリー攻略記事>

  • ストーリー攻略メイン記事ですが、20年前にプレイした
    ピカチュウ版(1998)」の思い出を語らいながら進行、
  • 画像多め。サクサク進めます。攻略本的な要素は無し。
  • 本作の醍醐味と、旧作「ピカチュウ版」との違いをピックアップ
  • ちなみに、ルビーサファイアまでしかプレイしていません。

 

 

どうも、黒豆おかきです。

気が付けばクリスマスを乗り越え、2019年。
正月番組を見ながら、のんびりiPad Proでブログ作成しています。

色々溜めまくっているので、ガンガン進めて行きます。
前回はニビジムまで行ったので、今回はハナダシティまで行きます。

 

 

 

==========================================

1. おつきみやま

ニビシティを東に抜けて、おつきみやま入り口へ。


一応、おつきみやまへ行く理由を言うと、
↓の図の通り、この山を通ること以外やることがないから。

最初の街の南に海がひらけていますが、(現時点では)航行不可。
トキワシティの西には、ポケモンリーグがあり、
前回ゲットしたバッジを後7つも集める必要があるので、ここもダメ。


よって、この山をわざわざ通らされるはめになります。
とはいえ、街と街の間にダンジョンを構えるのは、ふつーのRPG的な要素ですが、
初代は、なんかこういうのが多い気がします。

これ以降のポケモンは、特定のイベント攻略目的で
ダンジョンに向かうことが多い気がしますね。

f:id:kuromameokaki:20190102190630j:plain

 

それはそうと、おつきみやまに到着。

入り口の石門の上でスヤスヤ寝ているニャースが可愛い。。

実はこのニャースロケット団ニャース
見張り番で入り口にいたようですが、眠たくてついうたた寝。。。
アニメ版の憎めないドジっぽさを思い出させてくれます。

f:id:kuromameokaki:20181224194800j:plain

 

 さて、洞窟内部。
残念ながら、今回もプレイに集中しすぎて画像は少なめ。。。


何と言っても「ポケモンゲット」が楽しすぎる!!!


イシツブテズバット、パラス。。など
新しいダンジョンに行くといろんなポケモンに出会えます。

今までのポケモンであれば、体力調整もしないといけないので面倒。
今回のポケモンただボールを投げるだけ。

手軽にジョイコンを振るだけなので、
軽いミニゲーム感覚でゲットすることができるのが非常にいいです。

動き回るポケモンとかいるので、ボールを当てるのが非常に面倒ですが、
ただタイミングあわせてボールをぶつけるだけなので、複雑な思考必要なし。
ぶつけた後は、運ゲー。後は天命を待つのみ。

 


こんな調子で、おつきみやまのレアポケモン「ピッピ」もゲット。
結構可愛い。

f:id:kuromameokaki:20181224194805j:plain


なお、レアポケモン枠として、
なんと進化後の「ピクシー」もゲット可能。

ピクシーも可愛いですが、全長は「1.3m」とデカイので圧巻
是非おつきみやまでトライしてみてください。



それと洞窟のビジュアルですが、かなり様変わりしています。
ごつごつとした岩の壁面、地面の質感、まさしく岩の洞窟。
ドット絵時代とは大違いです。

 
その一方で、出口に向かう道は、土の色が変わっているおり、
最短で洞窟を出る道が識別できるという親切設計

f:id:kuromameokaki:20181224194810j:plain

 

 洞窟を進んで行くと、ロケット団のムサシとコジロウと遭遇。
どうやら化石探索に悪戦苦闘している模様。

上の画像は、崖下に見える「化石らしきもの」を
ニャースに取りに行かせる様子。流石にかわいそう。。。。

 

 

 

 

そして、洞窟を出る手前で、バトルに。
まさかのドガース・アーボのダブルバトルですが、
にゃんとニャースの出番はなし。 


ピカチュウ版では、「ねこにこばん」でお金をくれたのですが、
そのチャンスは得られないようです。

f:id:kuromameokaki:20181224194813j:plain

 

2. ハナダシティ

おつきみやまを抜けて、ハナダシティに到着。
水色のレンガ畳の街道、噴水もあるおしゃれな街になっています。

ニビシティ、トキワシティは田舎すぎて、
あまり区別がつきませんが、ハナダ以降は色々特色があっていいです。

f:id:kuromameokaki:20181225221840j:plain


ジムに行く前に、ポケモンマニアのマサキを救出。
なぜかリメイクで、ものすごいイケメンになっています。
 

f:id:kuromameokaki:20181224194817j:plain


3. ハナダジム

さて、ついに2つ目のジム、ハナダジムへ。
ニビジム同様、ハナダジムのインテリアも進化。

ポケモンジムらしく、水を強調、大きなプールに透き通った床。
奥にはジュゴン・スターミーが描かれています。

なんか昔ながらの銭湯みたい。。。

f:id:kuromameokaki:20181225221846j:plain


そして、トレーナーは全員おとなのおねえさん。
ふ、ふつくしい。。。。

f:id:kuromameokaki:20181224194823j:plain

 

そして、最後にジムリーダー、カスミと対決。 
おとなのおねえさんに続き、可愛い格好になっています。

f:id:kuromameokaki:20181224194828j:plain


手持ちポケモンは、この二体。


ヒトデマンとスターミーの二体でしたが、
アニメ版を踏襲して、コダック採用になったようです。

ただ、コダック「ねんりき」を使ってきます。
この時点では毒タイプ持ちの草タイプしかいないので、
実は草タイプ対策だったりします。

特防高めのフシギソウ(トキワの森産)ですが、
ねんりきでHPの3/4くらい削られます。
 

f:id:kuromameokaki:20181224194832j:plain

 

 前回のニビジム同様、このハナダシティも、
スターミーが優秀であるため、詰みポイントとされています。

 

ただ、ニビジム同様、きちんと対策が入っていました。


それはピカチュウ「専用技」、「ばちばちアクセル」です。
ハナダシティのポケモンセンターの人物に
話しかけるとこの「マーベラスな技(本人談)」を習得できます。

でんきタイプ威力50の急所確定の先制攻撃技。
タイプ一致(1.5倍)、急所(1.5倍)なので、威力100以上の強力な先制技、
正直終盤でも通用するレベルの技を初期時点で習得可能です。


水タイプには弱点二倍なので、威力200以上。
序盤でそんな高威力の技を受けれないので、
みずタイプ相手であれば一撃で粉砕できます。


とはいえ、スターミーは例外で、
Lv21のピカチュウ(性格: 勇敢→攻撃力は高め)といえど、
一撃で突破できなかったのですが。。。

地味にスターミーは、Lv21(初代)→Lv19(今作)にダウンしていますが、
かなりの耐久を持っていますので、要注意です。
 

f:id:kuromameokaki:20181224194836j:plain

画像はブレてますが許してね 


今回は、ピカチュウの大活躍もあり、難なく突破。
今後「ばちばちアクセル」での活躍が期待できそうです。


今回、カスミからもらえたわざマシンは、なんと「ねっとう」。

初代は「バブルこうせん」でしたが、
威力60の中火力技として、自分で覚えられることが多くなったので、
「ねっとう」に変わったのかなぁというところです。

 

威力80で、3割でやけど状態にできるので、終盤でも使える技、
特に状態異常で、攻撃・防御ダウンを狙えるので、優秀です。


といっても使える水ポケモンは、ほぼいないのですが。。。

草むらのコダックをゲットするか、
コイキングを進化させてギャラドスに覚えさせる以外ありません。
(一応レア枠としてゼニガメも出現するようです)

ポケモンのゲットチャンスが少ないのが、
ちょっと残念かな〜というところです。


===========================================

今回は、これで以上です。

あまり書いていないのですが、
ピカチュウ専用技「ばちばちアクセル」はかなり強いです。

止めることは不可能、そんじょそこらのトレーナーでは一瞬で終わります。
そんな俺つええな感じではあまり面白くないので、
わざと他のポケモンを使って、のんびりバトルを楽しんでいる始末です。。。

当分、このピカチュウが苦戦することはないように思えます。

 

2018.1.3 Thu 7PM

 

<<③ニビシティ〜ニビジム(+かつてのトラウマ)

>>⑤: クチバシティ~サントアンヌ号

 

twitter.com

 

本シリーズの初回