黒豆おかきのうす塩味ブログ

元ニコ動実況者(断じて有名でない)が、社会人になってブログ。グッズレビュー、アート、映画書評を書いてます。

【ポケモン Let's Go! ピカチュウ】 思い出を語りながらストーリー攻略: ⑥クチバジム〜イワヤマトンネル手前(+おまけ:ジャッジ機能等)

<<⑤: クチバシティ〜サントアンヌ号

>>⑦: イワヤマトンネル(+手持ちポケモン)


<ピカブイ ストーリー攻略記事>

  • ストーリー攻略メイン記事ですが、20年前にプレイした
    ピカチュウ版(1998)」の思い出を語らいながら進行、
  • 画像多め。サクサク進めます。攻略本的な要素は無し。
  • 本作の醍醐味と、旧作「ピカチュウ版」との違いをピックアップ
  • ちなみに、ルビーサファイアまでしかプレイしていません。

 

 

どうも、黒豆おかきです。

今回は3つ目のジム、クチバジムからです。 

ここまで互いのレベルが低いので、ちまちました技の応酬でしたが、
ポケモン・環境が整い、そろそろポケモンバトルも楽しくなってきます。

なお記事の後半からは、ジャッジ機能など、
本編外のおまけ要素も話になりますので、
興味のある人は、よかったら見ていってくださいね。

 

 


========================================= 

1. クチバジム

前回サントアンヌ号の船長から教えてもらった「ケサギリ」を習得。
ようやく3番目のポケモンジムに到着。

奥にいるジムリーダー、マチスのところに行くには、
配置された「ゴミ箱」の底にあるスイッチを2つ、
決まった順番で押さなければならない、、、という謎仕様。


ドット絵時代は、あまり気にしなかったが、
ゴミ箱が規則正しく並んでおり、かなりシュール。

f:id:kuromameokaki:20190103153010j:plain


 
このジムでは、ピカチュウの専用技「ばちばちアクセル」は、
でんきタイプには半減なので、残念ながら出番なし。

ただ、でんきタイプは、高い素早さと引き換えに、
防御力が犠牲になっているので、耐えて攻撃しているだけで十分突破可能。

何よりこの段階では、相手もまだ進化前ポケモンばかりなので、
そこまで苦戦せずに、突破することができます。

 

f:id:kuromameokaki:20190103152949j:plain

 

さて、ジムリーダーのマチス
実は「軍隊」出身というレアな設定。

手持ちポケモンは、3体

 

ピカチュウ版では、アニメを忠実に再現するため、
ライチュウ Lv.28」一体のみで、
メガトンパンチ・メガトンキック・10万ボルトという高火力型


ただ今回、「10万ボルト」は健在ですが、
他は「でんこうせっか」などレベルアップで覚える技ばかりで、パワーダウン。
技マシン「あなをほる」でチミチミ削るのが、強いかなと思います。

 

f:id:kuromameokaki:20190103153007j:plain

 
攻略という攻略をしてはいませんが、難なくクリア。

技マシンはやはり安定の「10万ボルト」
そして、それと一緒になぜかマチスのサイン」もゲット。いらねぇ。。。

 

 

 

 

 2. イワヤマトンネルまで


クチバジム攻略後、次の街に行くため、
「イワヤマトンネル」に向かうことになります。

またしても洞窟。。。
とテンションがただ下がりですが、めげずに進めます。

 

行く前に、洞窟の中を照らす技が必要になるのですが、

今作は、カスミが、クチバシティ →ディグダの穴まで誘導、
秘術「カガヤキ」を習得後、ライバルがイワヤマトンネルに続く
ハナダシティの東側の道路手前まで連れていってくれます。

いつからこんなに親切になったんだ。。。




ちなみに、ハナダシティ〜クチバシティ をつなぐ地下通路ですが、
見えない落し物が非常に多く、実は「ピカチュウの尻尾」で教えてくれます。


落し物に近づくと、尻尾がものすごい速さで動くので、
それを見計らって、Aボタンを連打するようにしましょう。

f:id:kuromameokaki:20190104011614j:plain





話は逸れましたが、
トレーナーを倒しつつイワヤマトンネルの目の前まで到着、、、の前に
ロケット団と遭遇、10歳の子供相手に4人がかりで襲撃されます。

おつきみやまの化石確保にかなり根を持たれている様子。

 

 

しかし、ここでまさかの四天王カンナ登場!!

この後ロケット団を蹴散らしてくれて終わりの地味なイベントですが、
四天王の登場は、なんかテンションが上がりますね。
 

f:id:kuromameokaki:20190104011618j:plain


というか今見ても思うのですが、
ポケモン一匹分しか通れない狭い川で、
なんでラプラス乗ってるんだ!


イワヤマトンネルは内陸で、海に面していませんし、
この川を進んでも無人発電所しかないようなところです。

もしかして、ロケット団と示し合わせして待ってくれていたのでしょうか。
まあ、あまり突っ込んであげないほうが良さそうですね笑

 

 

 

 

3. おまけ(特定のポケモンゲット+ジャッジ機能)

ここからは、本編には直接関係ない話です。
興味のない人は、次の回にGoして問題ありません。

 


このピカブイ、あまり言及してこなかったが、
今作のポケモンは、ポケモン「ゲット」の要素を押していることもあり、
「〇〇匹以上ゲット必要」という条件で
特定のポケモンがもらえたり、機能が追加されたりします。



まず、ポケモン御三家については、下記の通り。

 

フシギダネくらいは、ふつーにプレイしていてもいけますが、
ヒトカゲゼニガメは、条件クリアのため、すこしだけ頑張る必要があります。
いずれ集まるので、後回しにしてもいいかもしれませんが、
もらえるポケモンのレベルは、十数程度なので、
今後のパーティー育成を考えるなら、早めのゲットが吉です。

 

 

さらに、ポケモンを多く捕まえることで、
特定のポケモンをゲットできる以外にも、機能追加もできます。

例えば、クチバ東側の9番道路(草むら)を抜けた先の建物に
オーキド博士の助手がいます。話しかけた時点で
30種類以上ポケモン捕まえていると、「ジャッジ機能」が追加されます。



この「ジャッジ機能」により、ポケモンの「ようすをみる」画面で、
ポケモン個体の能力値の高さ = 「個体値を見ることができる。

ポケモンの種類によって、攻撃などのステータスの高い低いはありますが、
同じポケモンの種類でも、その中で高い低いが存在します。
その高い低いを見定めるのが、この「ジャッジ機能」です。

 

 

実例を挙げるとこんな感じ。


まずは、初期段階から大活躍中のマンキー、うっきー。

記事では初登場ですが、マンキーはすばやさが高く、
からてチョップが上手く刺さるので、かなり使えます。

f:id:kuromameokaki:20190103152953j:image


ジャッジ機能を見ると、上のような画面が出ます。

右上の図が各々のステータス項目の評価、
左上がそれを踏まえた総合的な評価が確認できます。

ただ正直いうと、あまり良くない。

左上の総合的な評価は4段階で、そのうち一番下。
(①素晴らしい、②相当優秀、③平均以上、④まずまず)


といったかたちで、
今まで愛情たっぷりに育てても
こんな残念な結果に晒される危険も十分にある。


ちなみに、このあとこのマンキーは進化後におさらばすることになりました。。。

 

 

 

 

次は、今回の記事の最初で言及した、五百円コイキング

f:id:kuromameokaki:20190103153003j:image


なんでこんなに個体値が高いんだ。


プレイしていって分かったことですが、
人からもらうポケモン、特殊イベントのポケモンについては、
個体値が高い傾向にあるようです。

実は、先ほどの話した御三家も、
同じレベルの高個体値を出すことは可能です。

 

 

============================================

 

今回の記事は、これで以上です。


次回は、ようやくイワヤマトンネルです。
なんとなく初代の中では一番めんどくさいダンジョンでしたが、
今作ではどういったリメイクになっているか、楽しみです。

なお、次回くらいからブログ書くことを意識し始めたので、
画像多め、パーティー情報も少しは話せればと思います。

ではでは。

 

<<⑤: クチバシティ〜サントアンヌ号

>>⑦: イワヤマトンネル(+手持ちポケモン)

 

twitter.com

本シリーズの初回