黒豆おかきのうす塩味ブログ

元ニコ動実況者(断じて有名でない)が、社会人になってブログ。グッズレビュー、アート、映画書評を書いてます。

【ポケモン Let's Go! ピカチュウ】 思い出を語りながらストーリー攻略: ⑧シオンタウン〜タマムシシティ(散策のみ)

<<⑦イワヤマトンネル(+手持ちポケモン)

 

<ピカブイ ストーリー攻略記事>

  • ストーリー攻略メイン記事ですが、20年前にプレイした
    ピカチュウ版(1998)」の思い出を語らいながら進行、
  • 画像多め。サクサク進めます。攻略本的な要素は無し。
  • 本作の醍醐味と、旧作「ピカチュウ版」との違いをピックアップ
  • ちなみに、ルビーサファイアまでしかプレイしていません。

 

どうも、黒豆おかきです。

久々のピカブイ続きです。
このシリーズも徐々〜に完結に向かわせたいと思います!


前回イワヤマトンネルを通過、今回はその先のシオンタウンからです。
なお、ストーリー進行はほぼなく、まったり回です。

 

 

==============================================

 

1.シオンタウン

イワヤマトンネルを抜け、シオンタウンに到着。
紫の色の大地を再現。

街の説明に、紫色の街とはあるが、ものすごく毒々しい色。
歩いたら1ダメージくらい受けるんではないのだろうか。

 

f:id:kuromameokaki:20190309233007j:plain

 

初代ポケモンは、この辺りからストーリー展開が非常にややこしい。

ロケット団のアジトに行って〜、という下りが続くのだが、誘導が十分ではなく、詰んでしまった人も多かったはず。今作では、カラカラが誘拐される新規ストーリーが追加。

これで次のタマムシシティの地下アジトに向かうことになります。

 

 

なお、ポケモンの名前を変更させてくれるおじいさんも健在。
今作ではメニュー欄で手軽に変更できるようになったしまったので、
役目を終えてしまった模様。。。

f:id:kuromameokaki:20190309232927j:plain

 

流石にリザードにニックネーム「ちゅうぽけ」はやりすぎたか。。。。

 

 

 

2. シオンタウン〜タマムシシティ 道中

 

それでは早速タマムシシティに行きます。

すでに前回見せていますが、今のメンバーはこんな感じ。
最終メンバー要員が徐々に固まったので、「ガーディ」を追加しました。

理由は、ガーディの進化系「ウィンディ」に
「騎乗したらかっこいいのでは?」という安易な発想です。

ガーディは、クチバシティ北の草むらで捕まえられるのですが、
選出が遅れたので、このタイミングでの参加になってしまいました。

 

f:id:kuromameokaki:20190309232937j:plain

 

 

ちなみにですが、この近辺の街の行き来は非常に不便。

ヤマブキシティという街が中心にあるのですが、通行不可。
とある理由で、地下通路経由で移動しなければなりません。

 

f:id:kuromameokaki:20191022210154j:plain


 

 

その理由ですが、、、、
ヤマブキシティーの関所(?)の警備員「あぁ、喉渇いたなぁ〜」とか言って通してくれません。全く持って謎。初プレイから20年経った今も全く理解できません。

 

実は、この喉の乾きは、おばちゃんの差し入れ「ニビあられ」が食べたためだったことが判明。このせいで数々のプレイヤーが撃沈していったことか、、、、 

f:id:kuromameokaki:20190309232945j:plain

 

 

 

3. タマムシシティ

さて、タマムシシティに到着。

 

話は飛ばしていますが、実はここらあたりからトレーナー戦が少しずつ厄介になってきます。あえてエース・ピカチュウを使わないでいることが大きいのですが、相手のレベルも上がり、強力な技を覚えてきているので、油断できません。
(自分のガーディがレベル17 で高威力の「かえんほうしゃ」を覚えた時は驚愕でした)

 

やられる心配はまだ無いのですが、弱点をつける技を相手が隠し持ってることが多く(ただの私の知識不足です)、ポケモンセンターによく駆け込んでいました。

 

 

タマムシティーポケモンセンターに行くと、なんと怪しい風貌の人物。

実は、これは祈祷師(きとうし)。
この祈禱師は、出現するポケモンの「性格」を固定させることができるようです。
性格厳選も不要、、、、何と便利な時代になったことか。

 

f:id:kuromameokaki:20190309233029j:plain

 

 

タマムシティーですが、大きな街で、マンション・デパートなど高層ビルが多くあります。ゲームボーイ時代は、四角い箱だけが並んでいましたが、かなり生活感が上がっています。

 

後なんと、ポケモンを作ったゲーム会社、ゲームフリークスの事務所もあるようです。

 

これは初代ポケモンからあるのですが、本物のオフィスらしくグレードアップ。
タイルカーペット、フローリング、デスク。あのドット時代と比べると大違いです。

f:id:kuromameokaki:20190309233019j:plain

 

 

ここでは、主人公のデザインをしたと主張する「創造主」にも対面可能。

どうやら創造主は、ヤドンの着ぐるみを来たおっさん。。。。

 

この時の主人公の心境はどういったものなんでしょうか。。

 

f:id:kuromameokaki:20190309233023j:plain

 

 

 

 

 

4. ピカチュウ版恒例: かみなりのいしで...?


最後に、タマムシシティに来たら誰でもやるイベントです。


そう、「相棒ピカチュウの進化」です。

 


このタマムシシティにある、
タマムシデパートでようやく「進化の石」を入手が可能です。

 

 

  さて、ピカチュウに進化の石を与えると、、、

f:id:kuromameokaki:20190309233040j:plain

 

はい、速攻で拒否されました。
ピカチュウの様子を見ると。。。。

 

f:id:kuromameokaki:20190309233047j:plain

 

怒っとるー!!(でもって可愛い。。。)

 

当分、そっぽを向いて構ってくれなくなりますが、
時間を置くか、構い続けてやると、元どおりに振舞ってくれます。

 

f:id:kuromameokaki:20190309233034j:plain

 

 

=========================


今回はこれで以上です。

このシリーズですが、今日から一気にラストスパートかけていきます。
乞うご期待!!

 

2019.10.22 Tue 9PM 

 

<<⑦イワヤマトンネル(+手持ちポケモン)

 

<更新告知用Twitter>

twitter.com