黒豆おかきのうす塩味ブログ

元ニコ動実況者(断じて有名でない)が、社会人になってブログ。グッズレビュー、アート、映画書評を書いてます。

【ポケモン Let's Go! ピカチュウ】 思い出を語りながらストーリー攻略: 第16話 ポケモン屋敷+グレンジム挑戦!(と新メンバー追加)

<<第15話 ヤマブキジム + ふたご島

 

<ピカブイ ストーリー攻略記事>

  • ストーリー攻略メイン記事ですが、20年前にプレイした
    ピカチュウ版(1998)」の思い出を語らいながら進行、
  • 画像多め。サクサク進めます。攻略本的な要素は無し。
  • 本作の醍醐味と、旧作「ピカチュウ版」との違いをピックアップ
  • ちなみに、ルビーサファイアまでしかプレイしていません。

 

どうも、黒豆おかきです。

今回はグレンタウン編です。

グレンタウンというと、金銀版で消滅した島、、、、という悲しいイメージが出ますね。あと物語もいよいよ終盤、新しい「町」はこれで最後になります。もう終わりか〜という感じで、いろんな思い出が駆け巡るタイミングでもあります。

 

 

1. ポケモン屋敷

さてグレンタウンにつきました。

 

、、、のですが、早速ポケモン屋敷という廃屋に行きます。小さい街なのでそこまで探索するとこもないので、「早速ジムだ!」と行きたいところですが、ジムの扉は鍵で閉まっています。ただジムの扉には、わざわざ張り紙で「屋敷に鍵を取ってこい」とあるので、取りに行くことになりました。

 

f:id:kuromameokaki:20191102220112j:plain

 

穴ぼこだらけ、文書はバラバラと、「ザ・廃墟」という感じが出ています。ふたご島のヤドンと違い、意図して集めた訳ではないのですが、ベトベターがウジャウジャ。。。
前も言いましたが、今まで似たり寄ったりのダンジョンばかりでしたが、今回は廃屋。新鮮なダンジョンで、出てくるポケモンメタモン、ブーバーなど新しいポケモンも登場。ここでもゲット要素が楽しめてグッド。

 

f:id:kuromameokaki:20191102220125j:plain

 

あと最後に出てくる入り口までの強制ワープですが、今作ではわざわざ少年が教えてくれます。ベトベターに襲われかけてますが大丈夫だろうか。。。

 

f:id:kuromameokaki:20191102220129j:plain

 

 

2. まさかの新メンバー追加

 

いきなりですが、、、メンバー追加します。前にメンバー追加は、ドードリオ・ヤドラン・プテラで終わり!と言ってましたが、やっぱりもう一体追加です。


ピカチュウ・ウィンディ・ドードリオ・ヤドラン・プテラの五体でやってきましたが、激化するポケモン対戦で、ドードリオが思った以上にそこまで活躍できなかったので、ドードリオはサヨナラしました。別の一体を追加することにしました。

そもそもアタッカータイプが多すぎる感は否めません。耐久型でかつタイプ補完できそうなやついないかな〜と思ってたら、グレンタウンで見つけたので追加です。

 


それは何か、、、というと。

 

f:id:kuromameokaki:20191102220158j:plain

 

ベトベター

しかも、アローラリージョンモデルです。

 

ポケモンセンターにいるバッドガイ(名前がワルモノ?)とポケモン交換することで入手可能です。悪の道に進む...とか言ってますが、意外といい人なのかも。


あとからまじまじと思い知るのですが、ベトベターは、結構優秀な耐久型だったんですね。ロケット団がいつも使ってきていて、エスパータイプの餌食になっていたので、そこまで意識したことなかったのですが、結構つよい。あと、リージョンモデルの「毒・悪タイプ」という組み合わせが非常によく、地面タイプ以外弱点がないという優秀さです。素早さは低いのでエースアタッカーではありませんが、面倒な奴にはこいつ投げとけ、くらいの安心感があります。

 

 

3. グレンジム挑戦!!

さて、ジム戦です。
ジムリーダーカツラについては、村の人から聞き出すことができます。

 

村人「ラボができるまえから住んでて変人なんだって」
※ラボ: グレンタウンにできた研究所。化石を復活させてくれたのはここ

 

f:id:kuromameokaki:20191102220120j:plain

 

昔からいる地元の変人だそうです。

 

 

という訳でジムに入ると、早速変人が入り口まで出迎えにきます。

 

f:id:kuromameokaki:20191102220204j:plain

 

 

今回のグレンジムは、まさかの大型改装。テレビ局の撮影スタジオのような感じになっています。任天堂の気合が謎に入っています。

 

f:id:kuromameokaki:20191102220244j:plain

 

実はこのジム形式、カツラの地元愛により実現したようです。退屈な暮らしをしている住民たちに、同じく地元出身であるカツラが作り出したいわば「エンターテインメント」。変人とかいってごめんなさい。。。。

 

という訳で、ジム挑戦、もといクイズ番組が始まります。

 

f:id:kuromameokaki:20191102220250j:plain

 

ルールは簡単、タイプ相性などポケモン関連の質問に対し回答するだけ。正解すればOK、もし間違えると罰としてトレーナー対戦になります。

 

回答に対し、わざわざカツラが反応を見せてくれるので面白いです。

これは間違えた場合。めっちゃ落ち込んでる。。。
ピカチュウも「やっちまったなー」って顔になっています。

 

f:id:kuromameokaki:20191102220254j:plain

 

間違えたのでトレーナー戦になります。相手のレベルも44。ほのおタイプというと、低耐久+水タイプの餌食、、、というのがイメージですが、油断をすると火傷するぜ!っていう強さはあります。

トレーナーの中には、ジムなのに「火事場泥棒」も出てきます。

火事場泥棒「どろぼうと名乗っておりやすが 足を洗って。。。」

f:id:kuromameokaki:20191102220257j:plain

 

カツラさんは、地元貢献だけではなく、元泥棒にも手を差し伸べる、、

まさに聖人のようですね。

 

 

 

ちなみに正解するとこうなります。
「スーパーカツラくん」が増えます。


興奮するカツラを見て、ピカチュウが楽しそうです。

 

f:id:kuromameokaki:20191102220301j:plain

 

 

質問には、こんなお馴染みの質問も出てきます。

わざマシン28」は「しねしねこうせん」である?

f:id:kuromameokaki:20191102220304j:plain


なぜか「なんやそれ!?」の選択肢が追加されました。
一応「なんやそれ!?」で追加しても、正解になります。

 

 

最後の質問は、こちら。
選択肢が無駄に6つもありますが、どれも正解です。

f:id:kuromameokaki:20191102220308j:plain

 

という訳で、満を持して登場。無駄に熱い演出となっています。

f:id:kuromameokaki:20191102220311j:plain

 

4. グレンジムリーダー カツラ戦

 

ブログとして結構長くなってしまいましたが、面白い展開ですね(笑
という訳でカツラ登場。ジムリーダー戦です。


グラサンが燃えてる。。。。

f:id:kuromameokaki:20191102220315j:plain

 

手持ちはこんな感じ。
他のジムリーダーと違い、純粋ほのおタイプばっかりです。

 

一番驚いたのが、ギャロップの技範囲。私のイメージでは、いい炎技を覚えないので、そこまで強くないのですが、炎物理技のフレアドライブ搭載、さらにメガホーン(むしタイプ)」「ドリルライナー(じめんタイプ)」など、技の多彩さに驚きました。

 

f:id:kuromameokaki:20191102220320j:plain


今回は、水タイプのヤドランは勿論、レベル上げのため新ポケモンベトベトンを投入。高耐久ポケモンが多くて、今回本当に助かりました。特にベトベトンは、「とける」も覚えたので、完全な「城塞」となります。

 

という訳で、熱いバトルの末、カツラに勝利です。
(この画角だと、横のパイプ椅子が気になる。。。。)

f:id:kuromameokaki:20191102220324j:plain

 

 

========================================

 

今回は、これで以上です。

ポケモン屋敷といい、多彩なダンジョンが多かったんだな〜と、グラフィックの進歩、そして任天堂の気合の入れようをしみじみと感じました。
次回は、2番目の街トキワシティーまで戻って、最後のジムに挑戦です。

ではでは。

 

2019.11.2 Sat 12am

 

 

<<第15話 ヤマブキジム + ふたご島